健康大好き男子!気になるネタ

気になることを日々ご紹介していきます!

スポーツ 芸能

【炎の体育会TV10/17】WBC金メダルのマスクドピッチャーは誰?

投稿日:

10月17日(土)、『炎の体育会TV★生放送』の放送があります。

今回の対決は、2人のマスクマンVS最強芸能人バッター軍です!

マスクドピッチーの2人はWBCで活躍のピッチャーです。

マスクマンは、誰なのでしょうか?

番組のヒントから予想してみました。

体育会TV10月17日・WBCのマスクドピッチャーは誰?



 

マスク・ド・ピッチャーは、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一に輝いた右腕と、同じくWBCでベスト4入りした左腕の2投手が参戦。果たして投手2人の正体は?

引用:マイナビ

ヒントがありました。

・WBCで金メダルの右腕

・WBCベスト4の左腕

とだけありました。

 

 

今回は、まだ投球フォームがでていません。

ですので、難易度が高いです!

 

日本は、2006年と2009年にWBCで優勝しています。

1回(2006年)

・小林宏之

2回(2009年)

・馬原孝浩

・小松 聖

・渡辺俊介

 

右腕の候補を挙げてみました。

小松さんと渡辺さんは、コーチや監督をされています。

馬原さんかと思いましたが、肩痛をもっていて、ほとんど投げていません。



小林宏之さんは、直前のイベントで現役さながらの投球をしていました。

芸能界打者も経験者が来るので、ある程度投げていないと対戦になりません。

 

これらのことから、小林宏之さんではないかと思います。


 

左腕は誰でしょう?

WBCの3回と4回でベスト4に入っています。



左腕ですと、森福允彦さんではないかと思います。

 

他に大隣憲司、山口鉄也、杉内俊哉さんがいましたが、いずれもコーチをしています。

 

ただ、投球フォームが分かるとまた変わってくるかもです。

 

追記

右投手は、清水直行投手でした!

体育会TV10月17日の打者は?

今回は、ジャニーズ野球で4番を務め、今年11月にデビュー25周年を迎えるV6の坂本昌行。同じくジャニーズから、今年CDデビューし人気急上昇中のSixTONESの田中樹。ラグビーワールドカップ2019で、日本代表として圧倒的なパワーを見せ日本中に感動をもたらした稲垣啓太選手。前回、現役投手である成瀬善久(栃木ゴールデンブレーブス)からヒットを打った、横浜高校出身で俳優・歌手として活躍中の上地雄輔。そして現役高校球児である俳優の鈴木福という芸能界ドリームバッター軍が集結する。

引用:マイナビ

・V6の坂本昌行

・SixTONESの田中樹

・稲垣啓太選手

・上地雄輔

・鈴木福

 

かなり豪華メンバーです。

鈴木福くんは中学時代に野球部でしたので、頑張って欲しいですね♪

 

まとめ

【炎の体育会TV10/17】WBCのマスクドピッチャーを予想しました!

予想しながら見るとより面白いですね。

熱い対決が行われると思います。
今から放送が楽しみです!

 

-スポーツ, 芸能

執筆者:

関連記事

整形男子アレンの元の顔画像は?きっかけや収入源が気になる!

整形男子アレンさんが「ダウンタウンDX 」で話題になっています! 美容整形にかけた費用の総額はなんと9000万円以上だそうです! ダウンタウンからは整形男子アレンは元の整形前の顔の方がいいと言われてい …

不破聖衣来

不破聖衣来(ふわせいら)が可愛い!身長体重は?父親や姉妹についても

拓殖大学陸上競技部の不破聖衣来(ふわ せいら)さん。 大学1年生ながら、5000mで優勝を飾っています! 不破聖衣来さんは実力も凄いですが、可愛いくて注目されています。 不破聖衣来が可愛い! 身長体重 …

松浦景子(バレエ芸人)の退団理由は?ネタは面白い・つまらない?

おもしろ荘2020が迫ってきました! 新年を迎えたら、まず見たい番組です。 芸人たちが“50音ネタ”で競うミニコーナーに松浦景子さんが主演します! どんなネタをやるか楽しみですね! 松浦景子さんについ …

高瀬アナウンサーの嫁は川野美咲!林遣都にそっくり?身長や経歴も気になる!

  NHKの朝のニュース番組のメインキャスターの高瀬構造アナはとても安心感のある方で人気です。 朝の連続ドラマ小説の熱意ある「朝ドラ送り」も話題ですね。 相方の女子アナとのやりとりも面白いで …

西川僚祐(東海大相模)の出身中学校はどこ?家族やドラフトの評価は?

スーパー中学生として、鳴り物入りした西川僚祐選手ですが、進化が止まりません! なんと2年の春ですでにHR30発を超えています! 名門の東海大相模では、1年の頃から試合にでるのは至難の業ですからとんでも …