MENU

木村大成(北海)の中学時代の成績は?球種や球速についても

木村大成
  • URLをコピーしました!

強豪・北海高校の木村大成選手。

選抜甲子園でも注目の投手です。

秋の北海道大会は、準決勝・決勝を完封する大活躍でした!

木村選手の中学時代はどんな選手だったのでしょうか?

木村大成(北海)の中学時代の成績は?
球種や球速についてお届けします。

スポンサーリンク

木村大成のプロフィール

木村大成(きむら たいせい)

出身地:北海道北広島市

生年月日:2003年

身長:180cm

体重:左投左打

ポジション:投手

学歴:北広島市立東部中学校→北海高校

 

木村大成の中学時代の成績は?

木村選手は、小学1年生から北広島東部カープジュニアで軟式野球を始めました。

北広島市立東部中学では、軟式野球部に所属。

3年生の時には、中学校軟式野球白老大会で準優勝、4番エースとして活躍!
優秀選手に選ばれています。

当時の球速は130キロを超えていました。

中学時代は軟式野球で鍛えて、高校で伸びる投手が増えています。

軟式の方が肘や肩に負担が少ないのでいいのかもしれませんね。

 

木村大成の高校時代の成績は?

木村選手は、強豪の北海高校へ進学します。

1年春から背番号13でベンチ入り。

1年夏の南北海道大会では3試合に登板し、ベスト8に。

1年秋からは早くもエースナンバーを着けます。

地区大会初戦で、札幌第一と対戦し、5回1/3を13安打10失点でKOされます。
6暴投とミスも重なり、流れを引き戻せなかった。

2年夏の南北海道大会は背番号17を付けて出場。

リリーフで4試合に登板し、合計8イニングを無失点に抑えて、2年連続のベスト8入に貢献しました。

 

2年秋の新チームからは再び背番号1を付けてマウンドに上がります。

北海道大会の4試合に登板して失点0。
特に、準決勝と決勝ではいずれも9回を完封と、大車輪の活躍でした!

北海高校の10年ぶり12度目の優勝に貢献しました。

 

好調をキープ!

コロナの影響もあり、予定していた関東への遠征は中止。
調整も難しいようです。

手狭な学校の室内練習場に代わり、札幌ドームなどを借りて、選手たちは実戦練習。

木村選手は、紅白試合で144キロを記録して好調を維持している様子です。

 

 

木村大成の球種や球速は?

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

最速145キロの速球。

変化球は、スライダー、チェンジアップ、カーブ。

特に、右打者へのスライダーは切れが良く、いい時にはデットボールになることも。

肘から先が柔らかいので、しなるように投げ込みことができます。

 

 

木村大成のドラフト評価は?

北海道日本ハムが、北広島に新球場を構えますので、狙っている人材だと思います。

 

まとめ

木村大成(北海)の中学時代の成績は?
球種や球速についてお届けしました。

左で140キロを超える投手はなかなかいません。

甲子園での快投を期待しています♪

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!