健康大好き男子!気になるネタ

気になることを日々ご紹介していきます!

スポーツ

達孝太(天理)はイケメン!家族(父・母・兄弟)についても

投稿日:

天理高校の達孝太投手。

身長193cmの大型投手ですが、しなやかさも持ち合わせた投手なんです。

達孝太投手は手足が長くて、イケメンでも注目されています♪

達孝太(天理)はイケメン!
家族(父・母)についてお届けします。

達孝太のプロフィール


達孝太(たつ こうた)

生年月日:2004年3月27日

出身:大阪府堺市

身長:193cm

体重:85kg

投打:右投右打

 

達孝太はイケメン!


 
この投稿をInstagramで見る
 

汗と涙。高校野球(@natsu.jingu)がシェアした投稿



達投手は、爽やかなイケメンですね♪

”奈良のダルビッシュ”と言われて人気です。

甲子園の活躍でより、人気が出そうです!

 


 

達孝太の家族(父・母・兄弟)は?

達投手の両親や兄弟の情報は、ほとんどありませんでした。

父親が軟式野球のコーチをしていたそうです。

また、達投手の両親の身長も高いのでしょうか?

お父さんは、173cm
お母さんは160cm台前半と日本人の平均ほどでした。

1日12時間は寝ていたそうで、小学6年生の時点で177cmもありました。

やはり「寝る子は育つ」は、ほんとだったのですね。

 

達孝太の小学時代

達投手は、小学4年生から高石スワローズで軟式野球を始めました。

当時のポジションはキャッチャーでした。

 

達孝太の中学時代

達投手の出身中学は、堺市立浜寺南中学校です。

中学では、泉州阪堺ボーイズに入団し、ピッチャーを始めます。

全国大会には3年の春と夏に出場していますが、
当時の達投手は2番手の投手であまり目立った選手ではありませんでした。

 

天理高校へ


奈良県にある天理高校へ進学。
高校では1年夏から控えとしてベンチ入。

1年夏の奈良県大会の準々決勝・大和広陵戦で公式戦初登板。
試合には敗れたものの2イニングを2安打無失点に抑えていました。

1年秋には近畿大会決勝の先発に抜擢されます。

大阪桐蔭相手に7回まで2安打1失点の好投!
8回に3点を失いましたが、見事、5年ぶりの優勝に貢献しました。

続く明治神宮大会では準決勝の中京大中京戦で先発。

この時は、味方のエラーと制球に苦しみ、8回途中、7四球7失点(自責点5)で敗れています。

 

出場を決めていたセンバツは新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいます。

2年夏の奈良県独自大会は、チーム方針により3年生だけで臨んだため出場はなし。

甲子園交流試合では9回の1イニングだけ登板。
2奪三振無失点に抑えてインパクトを残しました。


 

2年秋の新チームからはエースとしてマウンドにあがります。

まず秋の奈良県大会初戦の法隆寺国際戦では7回1安打完封勝利。

さらに、3回戦の橿原戦では7回、11奪三振、無失点の完封勝利。

準々決勝の御所実戦では6回1失点、11奪三振。

準決勝の畝傍戦では7回無失点。

そして、決勝の智辯学園戦では2失点の完投勝利を収めています。

 

近畿大会でも初戦の乙訓戦で9回、13奪三振、1失点で完投勝利。

準々決勝の大阪桐蔭戦では連投の疲れから、7回11失点で敗れましたが、11個の三振を奪います。

 

達孝太のプレースタイル

奪三振を多くとる本格派です。

2年の秋の公式戦では52イニングを投げて68個の奪三振を記録しています。

193cmの身長から、投げ下ろすフォームは魅力があります。

 

達孝太の球種は?


最速146キロのストレート。
(練習では、150キロがあります。)

変化球は
スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと多彩。

 

達孝太はメジャー志望?

高校1年生の頃は、「高卒でメジャーを目指したい」と語っていた達投手。


中学卒業後に米マイナーリーグ(ロイヤルズ傘下)に飛び込んだ結城海斗投手(18)と中学時代に練習仲間だった縁もあり、大リーグへの憧れは強いものがあります。

”大学、社会人もあるし、最終的にはプロに行きたい”
と話しています。

夢もスケールが大きいですね♪

 

達孝太のドラフト評価は?

達投手は、スカウトからも評価されています。

・「去年、おととしの秋、見たときよりは全然、体がしっかりしているし、迫力がある球を投げるようになってきた」

・「身体的な魅力も感じるし、来年に向けて楽しみな逸材。下半身も一冬を越して鍛えられたらますます球速も出てくると思う」

 

まとめ

達孝太投手についてお届けしました。

達孝太投手は、爽やかなイケメンです♪

速球も150キロの届く本格派ですので、
甲子園の投球が楽しみです。

 

 

-スポーツ

執筆者:

関連記事

並木秀尊(獨協大学)の50mのタイムが凄い!特徴やドラフトの評価は?

プロ野球ドラフト会議が26日にせまってきましたね。 何故かこの時期は、本人でないのにそわそわしてしまいます。 今回もドラフト候補の選手を取り上げようと思います。 獨協大学の並木秀尊選手です。 並木選手 …

坂本拓己

坂本拓己(知内)の出身中学は奥尻中!両親や兄弟についても調査!

知内高校野球部の坂本拓己投手。 140キロを超える左腕でプロも注目の投手です。 2022年の夏の南北海道大会では準優勝と甲子園までは、もう一歩した。 しかし、県立高校を決勝に進んだ原動力となりました! …

渡邉一生

渡邉一生┃日大藤沢の退学理由は? 最速やドラフト評価についても

BBCスカイホークスの渡邉一生投手。 最速148キロの左腕でプロから注目されています。 渡邉一生投手は、名門高校を退学しています。 そして、BBCスカイホークスに入団。 渡邉一生投手が入団した理由が気 …

庄司裕太

庄司裕太(東海大相模)の出身中学は?父親・兄弟についても!

東海大相模の庄司裕太投手。 エースとして活躍しています。 最速も145キロの右腕として、注目されています。 庄司裕太投手の出身中学や兄弟も気になります。 庄司裕太(東海大相模)の出身中学は? 父親・兄 …

佐々木麟太郎

佐々木麟太郎(花巻東)の出身中学や父親は?高校通算本塁打が凄い!

花巻東高校の佐々木麟太郎選手。 1年生ですが、体格も大きく実力もあり注目されています。 本塁打も量産していて、100本以上も期待されている選手です。 花巻東は2人のメジャーリーガーを輩出していますが、 …