健康大好き男子!気になるネタ

気になることを日々ご紹介していきます!

スポーツ

冨田遼弥(鳴門)の出身中学は?最速や球種についても調査!

投稿日:

鳴門高校野球部の冨田遼弥投手。

2021年秋の四国大会、準優勝に貢献した投手です。

冨田遼弥投手はイニング以上の奪三振を取る好投手。
ひと冬越えて、さらに成長が期待されます!

冨田遼弥の出身中学は?
最速や球種についてお届けします。

冨田遼弥のプロフィール


冨田遼弥(とみた りょうや)

身長:177cm

体重:84kg

投打:左投左打

 

冨田遼弥の出身中学は?

冨田遼弥投手は、小学生の時に、軟式野球の藍住西ファイターズで野球を始めます。

出身中学は、徳島県の藍住中学。
中学時代は、徳島藍住リトルシニアに所属していました。

・2018年リトルシニア関西連盟夏季四国ブロック ベスト4

・2019年ジャイアンツカップ四国地区予選 3位決定戦

・2019年リトルシニア関西連盟夏季四国ブロック ベスト8

各種大会で活躍しました。

鳴門高校へ進学

名門の鳴門高校へ進学します。

1年生の秋から主戦として登板。

2年春の四国大会は高知高校に敗退。

2年夏には、徳島県大会の2回戦で池田高校に敗退。

2年生の秋、徳島大会の決勝戦9―2で徳島商を破り、2年連続16回目の優勝を果たした。

2年秋の四国大会では、準決勝で夏の甲子園に出場した明徳義塾と対戦。
延長十一回の末、3―2で競り勝ちます!

冨田投手は、延長十一回を投げ抜き、13奪三振2失点の力投。

四国大会決勝では、高知高校に敗退。
準優勝として選抜出場を当確にしました。

 

冨田遼弥の最速と球種は?

最速は142キロ。

変化球はストレート・スライダー。

 

冨田遼弥の特徴


制球力・コントロールはややバラつきがありますが、奪三振率は高い投手。

気持ち前面に出す強気な投球が武器です。

2年夏は130キロ台後半だった球速も、四国大会中に最速142キロを記録。
この冬は「体のエンジンを大きくするため」にフィジカル強化へ取り組み、体重アップにも成功した努力家。

冨田遼弥のドラフト評価は?

まだ、プロからの評価は聞かれませんが、
甲子園の投球で評価が上がって来そうです。

 

まとめ

冨田遼弥(鳴門)の出身中学は?
最速や球種についてお届けしました。

秋の四国大会のピッチングは見事でした。

甲子園でも、本来のピッチングを披露して、
ドラフト候補になってほしいですね!

 

 

 

 

-スポーツ

執筆者:

関連記事

越井颯一郎

越井颯一郎(木更津総合)の出身中学や成績は?身長や球種についても

2022年の選抜高校野球の開催が近づいてきました♪ 感染数が多く心配ですが、無事開催を祈りたいですね。 今回は、木更津総合高校の越井颯一郎投手に注目していきます! 越井颯一郎は本格派右腕として大会注目 …

保坂晴子

保坂晴子(日体大)が可愛い!出身高校の成績や身長体重についても

日体大陸上競技部の保坂晴子さん。 大学1年の頃から、2大駅伝で区間賞を獲得しています。 実力もありながら、可愛いと注目されています。 保坂晴子(日体大)が可愛い! 出身高校の成績や身長体重についてお届 …

岸本大紀

石田洸介(東洋大)の中学記録は?高校時代の成績も凄い!

東洋大学の石田洸介選手。 中学時代から、記録を更新して注目されていた選手です。 現在は、名門の東洋大学へ進学。 駅伝もデビューしていて、出雲や全日本駅伝でも区間賞を獲っています。 凄い選手ですね。 石 …

安達壮汰(桐光学園)の出身中学や経歴は?U-15の代表で二刀流も凄い!

あと2ヶ月間もしたら、夏の甲子園の予選が始まりますね! 今年も神奈川は強豪校がひしめき合う激戦区です。 その中でも注目選手を探して見ました! 名門・桐光学園で二刀流をつとめる安達壮汰選手に注目してみま …

相澤晃(東洋大)の出身中学高校はどこ?家族や進路についても

いよいよ箱根駅伝が迫ってきましたね! 今年はどんなドラマが見られれるか楽しみです。 学生最強といわれる、東洋大学の相澤晃選手が注目です! どんな記録を出すのかも期待ですね♪ 相澤晃(東洋大)の出身中学 …